メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSMクラシック

NBAのスーパースター、ステフィン・カリーがPGAツアーを主催?(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

WEEKLY TOUR REPORT Vol.135

バスケ界のスーパースターがPGAツアーの大会主催へ動いている Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images

 NBA(米プロバスケットボールリーグ)のスーパースター、ゴールデンステート・ウォリアーズに所属する“ステップ・カリー”ことステフィン・カリー(30歳/アメリカ)が目指す「PGAツアーの主催」が、着々と実現へ進んでいるようだ。

 高いゴルフの腕前を持つカリーは、アマチュアながらも下部ツアーのウェブ・ドット・コムツアーのトーナメントに参戦。カリフォルニア州サンフランシスコ郊外で開催されているエリーマエ・クラシックに、2017年から2年連続でスポンサー推薦を受けて出場している。

 2年とも予選通過は果たせなかったが、スーパースターの登場は大きな話題となって、大会自体は盛り上がった。下部ツアーながらも多くのギャラリーが詰めかけ、あらゆるメディアで取り上げられた。

 そのカリーが、今度はレギュラーツアーとなるPGAツアーの大会ホストを務めるべく、水面下でスポンサー集めに奔走し、開催コースとの交渉を進めてきた。そして、大会の開催が実現しつつあると地元紙が伝えている。

バスケファンもカリーを観るためゴルフ場を訪れた Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images

 開催コースの候補に挙がっているのは、サンフランシスコにあるパブリックコースの『コリカパーク』。1927年開場の歴史のあるコースだ。

 PGAツアーの実行委員たちはすでにコースの視察に訪れており、開催時期は2019-2020年シーズンの秋になる運びのようだ。

 ノースカロライナ州出身のカリー。父親が元NBAプレーヤーのデル・カリーで、弟もセス・カリーもNBAのポートランド・トレイルブレイザーズに所属しており、まさしくバスケットボール一家で育った。

 地元のデビッドソン大で活躍したのち、2009年のドラフトでウォーリアーズに入団。2014-2015シーズンにNBAを制覇し、同シーズンと翌2015-2016シーズンと2季連続でMVPに輝いて、スーパースターとしての確固たる地位を築いた。

歌手のジャスティン・ティンバーレイクも大会を主催した Photo by Scott Halleran/Getty Images

 「バスケの申し子」と呼ぶにふさわしい経歴を持つカリーだが、高校時代にはゴルフ部に所属し、ジュニアゴルファーとしても活躍していた。

「一時は、ゴルフか? バスケットボールか? とプロへの道を迷ったこともあった」

 以前、こう回想したカリー。ゴルフに対しての思い入れは、それほど強い。

 もし、カリー主催の大会が実現すれば、PGAツアーにとっては、久しぶりの“セレブリティ”の大会となる。実は、過去には“セレブ”の名前が冠に付いた大会がPGAツアーにはたくさん存在していた。

 代表的なのは、歌手のビング・クロスビーが主催した『ピング・クロスビー・ペブルビーチ・ナショナル・プロアマ』。1937年からおよそ50年、クロスビーが1977年に他界したあとも、長きにわたって開催されてきた。同大会には、ハリウッドスターたちがこぞって参加。華やかなゴルフの一時代を築いた大会だった。

 同じく歌手のサミー・デイビス・ジュニアは、1973年から1988年までコネチカット州で開催されていた大会を主催。喜劇俳優のボブ・ホープは、1965年からカリフォルニア州パームスプリングスで『ボブ・ホープ・クラシック』を開催した。この大会は、2003年にボブ・ホープが亡くなったあとも継続され、冠名は2011年まで残されていた。

 世界的歌手のフランク・シナトラも、1963年にラスベガスで招待試合を開催。当時、大きな話題となった。

スーパースターによる大会はゴルフ人気を広げるきっかけとなるか Photo by Ezra Shaw/Getty Images

 しかし近年、そうした“セレブリティ”の名が冠に付くトーナメントは、めっきり減ってしまった。歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク(アメリカ)がラスベガス開催の大会をホストしたこと、アイスホッケー界のレジェンド、ウエイン・グレツキーがウェブ・ドット・コムツアーの大会をホストしたことがあるくらいで、寂しい限りだ。

「理由は定かではが、セレブリティの大会が減った分、選手がホストを務める大会は、依然として人気が高い」と語るのは、PGAツアーのスポークスマンであるローラ・ニール氏。確かに、3月には故アーノルド・パーマー氏の招待試合が、6月にはジャック・ニクラウスのメモリアル・トーナメントがある。昨季までは、タイガー・ウッズのファウンデーションが主催する大会もあった。

 ともあれ、ニール氏は新たな“セレブリティ”のゴルフ界への参入を大いに歓迎する。

「スーパースターがゴルフ界への情熱を注いでくれることは、新たなファンの獲得へ大きな力となる。カリーのような素晴らしいアスリートと、パートナーになる可能性があることに、とても興奮している」

 カリー主催の大会は来季の2戦目、9月後半の開催が有力視されている。その大会に、さすがにカリーが参戦することはなさそうだが、現在のカリーの地元で行なわれるため、新たなゴルフファン獲得につながることは間違いない。大会の実現、そして開幕が楽しみでならない。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです