メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

外来種、食べて駆除 「厄介者」を有効活用 カミツキガメやウチダザリガニ

カミツキガメ=千葉県提供

 海外から持ち込まれ、生態系を乱し、時には人に危害を加える「厄介者」として駆除されてきた「特定外来生物」を食用にする動きが広がっている。どう猛なカメのスープがイベントで振る舞われたり、ザリガニが「レイクロブスター」として売り出されたり。食欲の秋に環境問題を考えながら、一度味わってみてはいかが。【町野幸】

 特定外来生物の「カミツキガメ」が推計1万6000匹繁殖している千葉県北部の印旛沼。10月28日、沼…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです