メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

原子炉開発へ 「研究用」イラン刺激も

 【カイロ共同】サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は5日、同国初となる研究用原子炉の開発など、原子力計画を含む七つの戦略プロジェクトを発足させた。国営サウジ通信が伝えた。トランプ米政権は同日、イランの核開発阻止を目指して原油や金融部門を標的とした制裁を再発動させたばかり。中東の覇権を争うサウジの原子炉開発宣言がイランを刺激するのは必至で、緊張がさらに高まる恐れがある。

 トランプ政権はサウジへの原発輸出を狙っているとされるがサウジ側は核不拡散に必要な規制の受け入れに消…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです