メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ノーベル賞で注目 オプジーボは夢の薬か がんへの効果、限定的

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑・京都大特別教授(左)の記者会見=京都市左京区で10月1日、望月亮一撮影

 がんの免疫治療で使う薬「オプジーボ」の開発に貢献したとして、今年のノーベル医学生理学賞に京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授らが選ばれ、日本中が祝賀ムードに包まれた。それに伴い、オプジーボを「夢の治療薬」「特効薬」と形容する報道もあるが、実際はどうなのだろうか。【庄司哲也】

 オプジーボ(一般名・ニボルマブ)の過大ともいえる評価が気になり、がんの患者団体の一つで認定NPO法人「希望の会」(東京)を訪ねた。難治性のがんとして知られるスキルス胃がんの患者ら約450人が会員となり、情報交換したり、勉強会を開催したりしている。理事長の轟浩美さんによると、本庶さんの受賞決定以降、「どこに行けばオプジーボの投与を受けられるのですか」「どうして最初の治療から投与を受けられないのですか」といった問い合わせが相次いだ。轟さんはこう説明しているという。

 オプジーボは胃がんの場合、ほかの抗がん剤での治療後、切除できず再発・進行した状況での投与となってい…

この記事は有料記事です。

残り2310文字(全文2733文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです