メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1986年4月末、馬場正男の古巣、大映京都撮影所が閉鎖された。馬場が辞めた83年以降も、貸しスタジオを主として細々とながら稼働していたが、ついに力尽きた。

 馬場は会社は辞めたとはいえ、撮影所にはよく出入りしていた。「いややったね。長いこと仕事したのに。東洋一と言われたA2のセットもなくなって。寂しい気持ちもあったし、まあしゃあないな、やっぱり、という諦めもありました」

 京撮の処遇は再建闘争時から議論となった。組合は管財人の閉鎖案に断固反対、存続を条件とした徳間康快に…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです