不適切ツイート

青森市議当選者・山崎氏、謝罪 「思慮なき結果」 議員務める意向 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 10月28日投開票の青森市議選で初当選した無所属新人の山崎翔一氏(28)が、ツイッターの匿名アカウントで差別的な表現を含む投稿をしていた問題で、山崎氏は5日、記者会見を開き謝罪した。

 会見の冒頭、山崎氏は高齢者や障害者、性的少数者(LGBTなど)らを中傷する内容の四つの投稿について、一つ一つ釈明。「多数の方々に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ありませんでした」と陳謝した。

 一連の投稿は「深く考えた投稿ではなく、思慮のなさの結果」だったと釈明したが、一方で「(傷つけた人への)知識を深め、市政に反映させたい」と述べ、議員職は務めるとの意向を示した。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1110文字)

あわせて読みたい

ニュース特集