メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戊辰戦争

宮古港海戦 隠れた史実、発掘へ 田野畑の自治会が「150年プロジェクト」 /岩手

座礁軍艦乗組員の墓、埋蔵金秘話…

 戊辰(ぼしん)戦争の宮古港海戦で、機関故障により参戦できずに田野畑村の海岸に座礁した旧幕府軍の軍艦「高雄」(350トン)。上陸した乗組員の子孫の下机勝則さん(64)が会長を務める地元机自治会は「戊辰戦争150年プロジェクト」を発足させ、隠された史実の発掘に乗り出した。歴史ロマンをよみがえらせ、地域の来し方行く末を見つめる。【鬼山親芳】

 宮古港海戦は宮古港に停泊中の新政府軍の最新鋭艦「甲鉄」(1358トン)を奪取しようと、旧幕府軍の軍…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1135文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです