メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇都宮・城山西小

廃校から存続へ 危機脱出の軌跡、映画に 来年公開、安孫子監督 学校、住民の奮闘描く /栃木

 児童数の減少で廃校が検討されながら、地域との協力で危機を脱した宇都宮市立城山西小(同市古賀志町)を舞台にしたドキュメンタリー映画「奇跡の小学校の物語 この学校はなくさない!」が、来年2月から一般公開される。このほど関係者向けの完成披露試写会が行われ、安孫子亘監督(59)は「地域や学校、行政が一体となって成し遂げたことを全国に伝えたい」と話した。【野田樹】

 同校は1875年創立の伝統校。2005年に児童数が最少の35人になり、市教育委員会が廃校を検討して…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです