メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘りちば

「自伐型林業」広がる 自ら管理し資源を維持 多様な人材就労の場に /千葉

 来年4月に施行される森林経営管理法によって経済性を追求する大規模業者が次々と木を切り倒し、環境破壊や土砂災害を招くのではないかという不安の声が一部の林業関係者から上がっている。そんな中、農山村の暮らしを考えた持続可能な小規模林業「自伐型(じばつがた)林業」が国内で広がりを見せている。森林面積が約15万ヘクタールと県全体の3分の1を占める千葉県内でこの林業を営む人たちを訪ねた。【町野幸】

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1317文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです