メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾漢方

もっと身近に 日台の女性2人、新ブランド設立 あすまで表参道に出店 /東京

 台湾の暮らしに息づく漢方を、日本の女性たちにもっと身近に感じてほしいと、日台の女性2人が設立した漢方ブランド「DAYLILY(デイリリー)」の店が渋谷区の表参道にオープンした。7日までの期間限定で開いた店で、洗練されたデザインと新しいアレンジで台湾漢方のファンを広げようとしている。【鈴木玲子】

 2人は小林百絵さん(26)と、台湾人の王怡〓(おういてい)さん(30)。

 台北市で漢方の薬局を営む家で育ち、漢方に親しんできた王さんと、小林さんが知り合ったのは慶応大大学院生時代。留学生の王さんが持っていた漢方に、小林さんが興味を持ったことがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです