特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

日本選手権 ENEOS、先制実らず 1600人の応援、最後まで /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第5日の5日、県勢のJX-ENEOSはJR東日本東北(東北・宮城)と対戦。粘投を続けていた先発の大場遼太郎投手が終盤に崩れ、打線は西村祐太投手の前に沈黙し、7-1で敗れた。

 昨年に続き1回戦で姿を消したが、応援席は平日にもかかわらず1600人あまりで膨れ上がり、最後まで声をからして選手たちの背中を押した。6日は県勢の三菱日立パワーシステムズが第3試合でNTT西日本(近畿・大阪)との初戦を迎える。【堀和彦】

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1267文字)

次に読みたい

あわせて読みたい