メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大経大

中小企業診断士、養成へ 社会人対象に新課程 /大阪

 大阪経済大学(東淀川区)は来年2月、中小企業の経営診断や助言をする中小企業診断士の登録養成課程を新設する。主に社会人が対象で、課程修了者は中小企業診断士の登録ができる。同様の課程を設置する大学・大学院は府内にはない。

 今月4日、経済産業相が同大学を「中小企業診断士登録養成機関」として登録したことを受け、新課程を設けることになった。通常、中小企業診断士として登録するには1次試験、2次試験、実務補習を経なければならないが、登録養成課程で…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです