メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

茨木高校/1 自分で考え互いに刺激 分子生物学者 石野良純さん

「茨高時代に見たDNAの絵が研究の道へのきっかけ」と語る石野良純・九州大教授=大阪府茨木市で、梅田麻衣子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ふるさと>

 ◆茨木高校=大阪府茨木市

分子生物学者 石野良純さん(61)=1976年卒

 生物の設計図ともいえる遺伝子を狙い通りに加工する「ゲノム編集」という技術が注目されている。難病の治療や農畜産物の改良などへの応用が急速に進み、この分野からのノーベル賞誕生は確実とされる。画期的な技術につながる発見をした九州大教授の石野良純さん(61)は「遺伝情報を担うDNAに興味を持ったのは茨高(いばこう)時代に生物の教科書で見た二重らせん構造の美しさにひかれたから」と振り返る。【榊原雅晴】

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです