メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラネタリウム

私たちだけの星空 ふるさと納税返礼、貸し切りショー 明石・天文科学館 /兵庫

貸し切りのプラネタリウムで投影機を熱心に撮影する参加者ら=兵庫県明石市人丸町の市立天文科学館で、浜本年弘撮影

 明石市立天文科学館で4日夜、ふるさと納税の「返礼品」として、プラネタリウムの貸し切り投影があった。国内最長寿の投影機はアニメーション映画にもなったSFファンタジー「プラネタリアン」にも登場。プラネタリアン・ファンの寄付者ら県内外の約50人が趣向を凝らした天体のショーを満喫した。

 明石市は今年7月、ふるさと納税の取り組みを強化するため、プラネタリウムの貸し切り投影を返礼品として新たに設けた。関東在住の40代の男性会社員が30万円を寄付し、インターネットを通じて作品の愛好家らに呼…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです