メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

選手の頑張る姿、復興の原動力 カープの「鉄人」紙芝居に 府中町・阿部さんが上演 /広島

ユニホーム姿で紙芝居を上演する阿部頼繁さん(左)=広島市南区の広島駅南口地下広場で、隈元悠太撮影

 34年ぶりの日本一を惜しくも逃したプロ野球・広島東洋カープは、原爆で焼土と化した広島の復興の象徴として誕生した。市民団体「ひろしま紙芝居村」代表の阿部頼繁(よりしげ)さん(65)=府中町=は、今年7月の西日本豪雨の被災地でカープをテーマにした紙芝居を上演し、被災者を勇気づけている。「日本一になれなかったのは残念だが、選手たちが頑張る姿にみんな励まされた。復興に向けきっと力になる」と語った。【隈元悠太】

 「ここで衣笠、フルスイング!」。9月中旬、豪雨で12人が犠牲になった安芸区矢野地区の公民館。阿部さんは被災者約60人を前に、今年4月に亡くなった元カープの衣笠祥雄さんの人生を伝える紙芝居を披露した。豪雨から2カ月余り、自宅が土砂で埋まったり浸水したりした住民が復旧作業で疲弊していると感じた公民館職員の宮澤かおりさん(53)が「少しでも気分転換になれば」と阿部さんに上演を依頼した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです