社会人野球

日本選手権 1回戦 JR四国、1点に泣く /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR四国-大和高田クラブ】三回表JR四国1死、岩見が中前打を放つ=京セラドーム大阪で、山崎一輝撮影
【JR四国-大和高田クラブ】三回表JR四国1死、岩見が中前打を放つ=京セラドーム大阪で、山崎一輝撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に出場しているJR四国は大会第5日の5日、大和高田クラブ(奈良)と対戦した。息詰まる投手戦が中盤まで続いたが、JR四国は七回に先制点を許す。逆転を目指した打線はその後に得点機を作るも、相手の継投策の前にあと一本が遠く、0-1で敗退。7月の都市対抗野球大会に続いての初戦突破はならなかった。それでも最後まで勝利への姿勢を見せ続けた選手たちに、スタンドから大きな拍手が送られた。【潟見雄大、李英浩】

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1610文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい