社会人野球

日本選手権 JR四国、1点に泣く 監督・主将の話 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

来年へ向け練習 JR四国・山田啓司監督

 好機を作ったが、決定打が出なかった。追い込まれてから難しい球を打たされ、フライアウトが多かった。投手2人は緊張したと思うがよく投げてくれた。また来年へ向けて練習し直す。

配球ミス悔しい JR四国・小林奨平主将

 試合を通してよく抑えてくれた投手陣に、打撃で応えられ…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい