メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
研究の現場から

新種のモロヘイヤ開発 香川県農業試験場 /四国

さぬきのヘイヤ=香川県農業試験場提供

 香川県農業試験場(同県綾川町、十鳥秀樹場長)が、新種のモロヘイヤ「さぬきのヘイヤ」を開発した。一般的な品種よりも葉の緑が鮮やかで柔らかいのが特徴。香川では主力となる夏野菜が少なく、県は暑さに強いモロヘイヤを定着させ、全国にPRしたい考えだ。

 モロヘイヤは中東や北アフリカで多く栽培されている高温性の作物。気温が高いほどよく育つ。食物繊維やカルシウム、ビタミンKなどが豊富に含まれ、栄養価が高い。農林水産省によると、香川県内のモロヘイヤの出荷量は36トン(2014年)で全国13位となっている。

 さぬきのヘイヤは偶然から生まれた。農業試験場の職員が葉に穴が開く原因を探ろうと農家を訪ねた時、色が…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文651文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです