メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

禁酒を約束し合った酒飲みの親子。結局お互い隠れて酒を飲み…

[PR]

 禁酒を約束し合った酒飲みの親子。結局お互い隠れて酒を飲み、酔ったおやじが息子に説教して「こんな顔が二つも三つもある化け物に身代(しんだい)は譲れない」。対する息子は「こんなぐるぐる回る家なんか要らねえ」▲落語「親子酒」の家ならぐるぐる回ろうと、身内の顔がいくつに見えようと大過ないが、それで自動車を運転するのは犯罪である。まして多数の乗客をのせた航空機の操縦となれば……思わず天を仰いだ先日の英国からのニュースだ▲JALの日本人副操縦士から基準を超えるアルコールが検出されたとして英警察に逮捕された事件である。ロンドン発羽田行き便の乗務直前に送迎バスの運転手の通報で発覚したとのことで、副操縦士は前夜の大量飲酒を認めている▲不審なのは乗務前の社内検査をパスしたことで、検査機器を欺いたのか。実は前日の深酒でパイロットが乗務できない事例は最近相次いでいる。だが国内法令には呼気アルコール濃度の基準値がなく、導入はこれから検討するそうだ▲「乗員で最も安全に必要なのは、ずけずけものがいえる腕利きの副操縦士だ」と航空安全の専門家はいう。過去の事故分析から機長の見落としや思い込みに異を唱える副操縦士が惨事を防ぐ鍵というが、その酒びたりは想定外だろう▲他人の酒の失敗をあげつらうのは気が引けるわが身だが、こと安全については常に最高の職業倫理が求められて当然のパイロットだ。前夜の深酒とはてんびんにかけてほしくないプロのプライドである。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです