メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

情報開示義務化 規制中間報告 データ寡占防止

 政府は5日、米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制に向けた中間報告を公表した。プラットフォーマーは革新的なビジネスを生み出す一方、市場支配力を背景に不公正な取引の温床となったり、偏った情報を中立的に見せかけたりすることも可能で「不透明」と指摘。市場の寡占・独占防止に向けて、実態調査▽重要な取引情報開示の義務化▽専門家による監視▽競合する事業者の排除につながる企業買収に対する審査の強化--など制度対応を急ぐ方針を示した。

 経済産業省、公正取引委員会、総務省が7月から有識者会議でプラットフォーマーへの規制のあり方を議論し…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです