メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

情報開示義務化 規制中間報告 データ寡占防止

 政府は5日、米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制に向けた中間報告を公表した。プラットフォーマーは革新的なビジネスを生み出す一方、市場支配力を背景に不公正な取引の温床となったり、偏った情報を中立的に見せかけたりすることも可能で「不透明」と指摘。市場の寡占・独占防止に向けて、実態調査▽重要な取引情報開示の義務化▽専門家による監視▽競合する事業者の排除につながる企業買収に対する審査の強化--など制度対応を急ぐ方針を示した。

 経済産業省、公正取引委員会、総務省が7月から有識者会議でプラットフォーマーへの規制のあり方を議論し…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文823文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです