メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 きょう米中間選挙 反移民策、支持と怒り 過激化する脅威論

米国の各都市・メキシコ・中米

 【米南部テキサス州リオブラボーで國枝すみれ】米中間選挙は6日に投開票される。最大の争点の一つは移民問題だ。不法移民を「犯罪者」呼ばわりするトランプ大統領の下、国境警備隊などの取り締まりは強化された。緊張が高まる国境地帯、トランプ氏への支持と怒り--。米社会は亀裂を深めていた。

 メキシコとの国境を流れるリオグランデ川。南部テキサス州側の川岸では国境警備隊の車両が待機し、越境者がいないか目を光らせる。上空を監視用のドローンやヘリコプターが行き交い、警察犬もうろうろする。

 国境警備隊は国境沿いの町リオブラボーで5月、不法入国した中米グアテマラ出身のクラウディア・ゴメスさ…

この記事は有料記事です。

残り2325文字(全文2611文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです