メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

星野少年は打った=玉木研二

 <ka-ron>

 打ちたい心が罪なのか。止める監督が悪いのか。今春から小学校で教科になった「道徳」。6年の教科書に載る「星野君の二塁打」はどうみればよいか。

 星野君は少年野球の好選手。好機の打席で監督は犠牲バントを指示する。だが星野君は内心必ず打てると思っていた。結局、彼は打つ。二塁打で決勝点を挙げ、チームは上の選手権大会に進む。

 監督は認めなかった。星野君がチームの約束を破り、輪を乱したとして、大会出場停止を言い渡す。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです