メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

特攻なぜ始まった? 通常作戦、戦果上がらず 航空機で4000人死亡=回答・栗原俊雄

炎を上げて突っこむ特攻機。海軍では神風特別攻撃隊と呼ばれた=1944年11月撮影

 なるほドリ 先月は「特攻(とっこう)」のニュースをよく見かけたよ。

 記者 第二次世界大戦末期、日本の陸海軍が行った特別攻撃隊(とくべつこうげきたい)ですね。1944年10月、フィリピン戦線で始まりました。攻めてきた米軍を迎え撃つためでした。

 Q 体当たりしたら、生き残れないよね?

 A 通常の作戦は航空機で爆弾や魚雷を運んで敵に命中させ、搭乗員(とうじょういん)は帰還することを目指します。一方、戦争末期の日本軍は航空機の性能劣化(れっか)や搭乗員の技量不足などで、通常の作戦で戦果を上げられなくなりました。

 Q 戦果は上がったの? 特攻で何人亡くなったの?

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  3. 熱中症に注意 北海道~西日本各地で35度超す猛暑日予想
  4. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです