メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国国際輸入博

開幕 習主席「外資の権利保護」 「15年で4500兆円輸入」

上海で5日、開幕した中国国際輸入博覧会のオープニングセレモニーであいさつする習近平国家主席=AP

 【上海・工藤哲、北京・赤間清広】中国の市場開放をアピールする「第1回中国国際輸入博覧会」が5日、上海で開幕し、14億人の巨大市場開拓を目指す170カ国超、約3600社が出展した。習近平国家主席は開幕式で輸入を拡大し、外資系企業の権利保護など市場環境も改善させると約束。「一連の改革を通じ、今後15年間のモノとサービスの輸入額は計40兆ドル(約4500兆円)を超える見通しだ」と明かした。

 米中貿易戦争が激化する中、習氏は今月末の主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせてトランプ米大統領と会談する方向で調整している。輸入博開幕式でも会談を見据え、中国の市場開放努力を強調する姿勢が目立った。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

  5. 「取っとけや」隅に呼び出し30万円 河井前法相の強引な手法次々と 案里議員陣営選挙違反

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです