メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「開かれた社会」の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 ハンガリーを舞台とした「開かれた社会」と「非自由主義的民主制」との対立が世界景気の下方への転換をきっかけに交錯する。

 ナチスによるハンガリー侵略で母国を離れたジョージ・ソロス氏は、自由な金融市場を使いこなして巨額の富をつくる。1989年にベルリンの壁が落ち、抑圧された東欧に自由が戻った91年にチェコのプラハに自由社会を支える法の支配と普遍的な人権尊重を建学の柱として「中欧大学」を彼は設立した。そして2年後思いを込めてハンガリーのブダペストに移転させた。

 他方、2008年の金融危機からの立ち直りが世界的な課題であった10年に、オルバン氏は首相への復帰を果たす。金融緩和による景気刺激が世界的な潮流のなかで、彼はむしろ財政収支の均衡策にこだわる。欧州連合(EU)への依存を排し、一国としての自立の気概なくして激流は乗り切れないと認識したといえよう。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです