メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アズマヒキガエル

北海道で毒餌に 自然界に影響か 北大チーム確認

アズマヒキガエル=元北海道大大学院生のエバンゲリア・カジラさん撮影

 北海道の固有種のエゾアカガエルとエゾサンショウウオの幼生は、本州から持ち込まれたアズマヒキガエルの幼生(オタマジャクシ)を食べると中毒死することを実験で確かめたと、北海道大の研究チームが6日発表した。3種は同じような場所に生息しているため、アズマヒキガエルが「毒餌」となって自然界でも被害が出ている可能性がある。【大場あい】

 アズマヒキガエルは100年以上前に道内に持ち込まれた「国内外来種」で、函館や旭川などで生息が確認さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. クジラの死骸が漂着 鎌倉の海岸
  4. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです