メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

発生3日で5880件 広島県警110番

 西日本豪雨から4カ月となるのに合わせ、広島県警は5日、発生当時(7月6~8日)の110番受理件数を発表した。6日は2129件、7日は2571件と平時の約3倍で1日の件数で過去最多とみられる。ピークだった6日午後8時台の総合通信指令室の通話も一部明らかにし、「入電中の背後で土砂崩れの音があり」「『助けて』と声を出している」と、被災状況を現場に伝える緊迫した様子が浮かんだ。

 県内は土砂崩れや川の氾濫などが同時多発的に発生し、109人が死亡、5人が行方不明となった。110番は6~8日で計5880件あり、広島市で77人が死亡した土砂災害発生時(2014年8月20日)の1223件を大きく上回った。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 赤坂電視台 長瀬智也/1 宝箱を開ける楽しみがある

  5. 新型コロナ 時短拒否、過料50万円 自公、特措法改正案了承

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです