メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
教えて!池上さん

旬なトピック 世界は再び核開発競争へ 約束のほごの裏にはロシア、中国への対抗 新型兵器開発も宣言

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ 学ぶ>

 アメリカのオバマ前大統領は核兵器をなくさなければならないと主張していましたが、トランプ大統領は、「中(ちゅう)距(きょ)離(り)を飛ぶ核ミサイルを全部やめよう」というロシアとの約束をやめて、新型の核兵器の開発を始めると言いました。世界は再び核開発競争に進むことになりそうです。

 1945年8月、広島と長(なが)崎(さき)に原(げん)爆(ばく)が落とされて以来、アメリカや当時のソ連(現在のロシア)は、核兵器の開発競争を続けてきました。その結果、一時はどちらも数万発の核兵器を持つまでになりました。相手の国まで飛ぶミサイルの先(せん)端(たん)に原爆を積む核ミサイルが開発されたのです。

 このうち、アメリカからロシアの首都モスクワ、ロシアからアメリカの首都ワシントンに直接届く核ミサイル…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです