メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

クワガタ、越冬の準備を

 子どものアイドル、クワガタ。屋外で捕まえて飼っていると、そろそろ動きが鈍る季節だ。無事に冬を越し、春に元気な姿をみせてもらうためにどのような準備が必要だろうか。

 ●動き鈍くなったら

 実はクワガタには冬を越えて数年生きる種類と、寿命が尽きて越冬しない種類がある。越冬する種類で代表的なのは、オオクワガタ、ヒラタクワガタ、コクワガタ。越冬しないのはノコギリクワガタやミヤマクワガタだ。外国産のクワガタでも、ギラファノコギリクワガタなどは「大型で強そうに見えても基本的には越冬しません」と昆虫の販売や雑誌編集を手がける「むし社」(東京都中野区)のショップ店長、飯島和彦さん。ほかにフタマタクワガタやホソアカクワガタの仲間も越冬しない。ニジイロクワガタは一冬越えることがあるという。

 夜間の気温が15度を下回るようになると、日中は気温が上がっても、動きは鈍くなり、餌を食べなくなる。…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1160文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです