メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1988年九州場所千秋楽 大乃国、千代の富士の連勝を53で止める

1988年大相撲九州場所千秋楽、千代の富士を寄り倒しで破り、千代の富士の連勝を53で止めた大乃国(左)

「昭和の結び」横綱の誇り

 今場所は平成最後の九州場所。さかのぼって1988年の九州場所は、翌年の初場所前に昭和天皇が亡くなられたため、昭和最後の場所になった。千秋楽の結びは、横綱・大乃国(現芝田山親方)が横綱・千代の富士(故人)の連勝を53で止める、「昭和最後の一番」にふさわしい劇的な勝負だった。

 この年の九州場所は、千代の富士が双葉山の69連勝という空前の記録に近づくことへの関心で一色だった。33歳の千代の富士は夏場所からの連勝を伸ばし、14日目には26回目の優勝を決めていた。

 一方、26歳の大乃国は早々に優勝戦線から脱落していた。千代の富士との対決前夜、お客さんもいる食事中…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/下 臨時応援団、総勢100人 /茨城
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです