メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

どうなってるの、部活規制 群馬・高崎、国基準「無視」土日も練習/新潟・加茂、市長「夏休みの活動ダメ」

放課後、バレーボール部を指導する中学教諭。教員の過重労働改善が課題となっている=水戸健一撮影(本文と写真は関係ありません)

 <access>

 学校の部活動でスポーツ庁は3月、休養日と活動時間の基準を初めて示し、事実上の「ブラック部活動」規制に乗り出した。ところが、国の基準を逸脱する自治体教委が現れ、現場に不満が渦巻いている。何が起きているのか。【鈴木敦子、井口彩】

 同庁の中学・高校向けの「運動部活動ガイドライン」に盛られた基準は休養日を週2日以上、平日の活動時間を最長2時間などとする。これがそのまま学校に下りる……わけではなく、実は教育委員会によって「さじ加減」がある。

 群馬県教委は国の基準に「朝練禁止」を追加して市町村教委に下ろした。だが、同県高崎市教委は市立中学校への通知で休養日などを一切指示せず、むしろ部活の教育的意義を強調。朝や土日の練習が続く。市教委は「各校の実態に合わせるのがベターだ」と言う。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1341文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです