メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

どうなってるの、部活規制 群馬・高崎、国基準「無視」土日も練習/新潟・加茂、市長「夏休みの活動ダメ」

放課後、バレーボール部を指導する中学教諭。教員の過重労働改善が課題となっている=水戸健一撮影(本文と写真は関係ありません)

 <access>

 学校の部活動でスポーツ庁は3月、休養日と活動時間の基準を初めて示し、事実上の「ブラック部活動」規制に乗り出した。ところが、国の基準を逸脱する自治体教委が現れ、現場に不満が渦巻いている。何が起きているのか。【鈴木敦子、井口彩】

 同庁の中学・高校向けの「運動部活動ガイドライン」に盛られた基準は休養日を週2日以上、平日の活動時間を最長2時間などとする。これがそのまま学校に下りる……わけではなく、実は教育委員会によって「さじ加減」がある。

 群馬県教委は国の基準に「朝練禁止」を追加して市町村教委に下ろした。だが、同県高崎市教委は市立中学校…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1341文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです