メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

どうなってるの、部活規制 群馬・高崎、国基準「無視」土日も練習/新潟・加茂、市長「夏休みの活動ダメ」

放課後、バレーボール部を指導する中学教諭。教員の過重労働改善が課題となっている=水戸健一撮影(本文と写真は関係ありません)

 <access>

 学校の部活動でスポーツ庁は3月、休養日と活動時間の基準を初めて示し、事実上の「ブラック部活動」規制に乗り出した。ところが、国の基準を逸脱する自治体教委が現れ、現場に不満が渦巻いている。何が起きているのか。【鈴木敦子、井口彩】

 同庁の中学・高校向けの「運動部活動ガイドライン」に盛られた基準は休養日を週2日以上、平日の活動時間を最長2時間などとする。これがそのまま学校に下りる……わけではなく、実は教育委員会によって「さじ加減」がある。

 群馬県教委は国の基準に「朝練禁止」を追加して市町村教委に下ろした。だが、同県高崎市教委は市立中学校…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1341文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです