メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市教委

笛やはさみ「置き勉」OK リスト作成

小学校低学年の「置いて帰ってよい学習用具」の例

 小中学生の通学時のかばんが重くなっている問題で、名古屋市教育委員会は5日、教材を学校に置いて帰る「置き勉」も含めて対応するよう各学校に文書で通知した。保護者らに周知する際の参考にしてもらおうと、「置いて帰ってよい学習用具」を教科ごとにリストにまとめた。持ち帰りについて柔軟な対応を認めた9月の文部科学省通知を踏まえ、負担軽減に向けた呼び掛けが必要と判断した。

 事例として挙げたのは、小学校低学年が国語「書写の練習帳」、図画工作「はさみ、のり」など。同高学年と中学生は音楽「アルトリコーダー」など。「リストは目安程度」(市教委)といい、各学校が実情に応じて判断する。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです