メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/18 作家・望月諒子さんの手工芸 空っぽになれる至福の時

 <くらしナビ・カルチャー>

母譲りの職人気質で 酒傍らに没頭する夢

 今は、誰ともなしに編み、気休めに糸をよる。ミステリー作家、望月諒子(りょうこ)さん(59)は幼い頃から手工芸が大好きだった。

 秋の気配が色濃くなってきた先月下旬、神戸市内の自宅を訪ねた。応接間のテーブルには自ら仕立てた一対の「木目込(きめこみ)人形」が置かれ、壁にはデザインから考案したという数種類の刺しゅうが掛けられている。ソファには手作りクッションも。

 「母がプロの洋裁職人で得意先や衣料品店から注文を受けては自宅で高級服を仕立てていた。いたるところに…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです