メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/18 作家・望月諒子さんの手工芸 空っぽになれる至福の時

 <くらしナビ・カルチャー>

母譲りの職人気質で 酒傍らに没頭する夢

 今は、誰ともなしに編み、気休めに糸をよる。ミステリー作家、望月諒子(りょうこ)さん(59)は幼い頃から手工芸が大好きだった。

 秋の気配が色濃くなってきた先月下旬、神戸市内の自宅を訪ねた。応接間のテーブルには自ら仕立てた一対の「木目込(きめこみ)人形」が置かれ、壁にはデザインから考案したという数種類の刺しゅうが掛けられている。ソファには手作りクッションも。

 「母がプロの洋裁職人で得意先や衣料品店から注文を受けては自宅で高級服を仕立てていた。いたるところに…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1541文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです