メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

フィンランド大会 羽生、覚悟の今季最高点 4回転半封印、完璧求めV

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が4日、グランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会でルール改正後のいずれも世界最高得点となるショートプログラム(SP)で106・69点、フリーで190・43点の合計297・12点をマークし、2位に40点近い大差をつけて圧勝した。今季初戦だった9月のオータム・クラシック優勝から合計で33・47点も上積みした背景には大きな決断があった。

 「まずクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を諦めた」。2月に冬季五輪で2連覇してから最大のモチベー…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文617文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです