メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

110番5880件殺到 現場の警官、対応追いつかず 7月の3日間 広島

道路は濁流であふれ、大破した車も流されていた=広島市安芸区で2018年7月7日、東久保逸夫撮影

 西日本豪雨から4カ月となるのに合わせ、広島県警は5日、発生当時(7月6~8日)の110番受理件数を発表した。6日は2129件、7日は2571件と平時の約3倍で1日の件数で過去最多とみられる。ピークだった6日午後8時台の総合通信指令室の通話も一部明らかにし、「入電中の背後で土砂崩れの音があり」「『助けて』と声を出している」と、被災状況を現場に伝える緊迫した様子が浮かんだ。【小山美砂】

 県内は土砂崩れや川の氾濫などが同時多発的に発生し、109人が死亡、5人が行方不明となった。110番は6~8日で計5880件あり、広島市で77人が死亡した土砂災害発生時(2014年8月20日)の1223件を大きく上回った。

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです