メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

県産地鶏ピヨ、生産休止へ 赤字で継続困難に

生産維持が危ぶまれている鳥取地どりピヨ=鳥取県畜産課提供

 鳥取県が開発した地鶏「鳥取地どりピヨ」の9割以上を生産している鳥取市の第三セクター「ふるさと鹿野」(同市鹿野町今市)が、赤字を理由にピヨの生産を年内で休止することが分かった。県は、来年度中の生産再開を目指し、別の業者や食肉販売会社と協議を進めている。【園部仁史】

 県畜産課によると、ピーク時の2014年には五つの養鶏業者が計1万6564羽のピヨを生産。だが現在はふるさと鹿野を含む2業者が生産するのみで、17年は半分強の8619羽にとどまった。うちふるさと鹿野は95.6%の約8000羽を占めている。

 同社はこれまで育てたピヨを自社工場で加工し、県東部の飲食店を中心に出荷している。だがブロイラーと比…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです