メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

航空乗務員飲酒

基準強化へ 国交省検討会、検査義務化も

ロンドンでの呼気検査でのイメージ

 日本航空の副操縦士(42)が、ロンドン発羽田行きの便に乗務する直前に基準を超えるアルコールが検出されたとして英国警察に逮捕された問題を受け、国土交通省は6日、航空乗務員の飲酒の基準を強化するため医療関係者ら有識者による検討会を今月中旬にも設置すると発表した。呼気中アルコール濃度の新基準の設定や、乗務前検査の義務化を検討する。

 また、国交省は日航に対し、今回の問題の調査結果と再発防止策を報告するよう指示。6日の閣議後の記者会…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです