メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT規制

実効性は不透明 環境は日々変化

プラットフォーマーをめぐる問題点

 政府は5日、米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制に向けた中間報告を公表した。プラットフォーマーは革新的なビジネスを生み出す一方、市場支配力を背景に不公正な取引の温床となったり、偏った情報を中立的に見せかけたりすることも可能で「不透明」と指摘。市場の寡占・独占防止に向けて、実態調査▽重要な取引情報開示の義務化▽専門家による監視▽競合する事業者の排除につながる企業買収に対する審査の強化--など制度対応を急ぐ方針を示した。

 経済産業省、公正取引委員会、総務省が7月から有識者会議でプラットフォーマーへの規制のあり方を議論してきた。12月4日まで一般からの意見を公募。プラットフォーマーや取引先から聞き取りもした上で、年内に基本原則を固め、年明けから制度の具体的な検討に入る。

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです