メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロイター記者控訴 国家機密法違反で禁錮7年

 【ヤンゴン西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャに関する極秘資料を不法入手したとして、国家機密法違反罪で禁錮7年の判決を受けたロイター通信のミャンマー人記者2人が5日、判決を不服としてヤンゴンの高裁に控訴した。

 2人はワロン記者とチョーソウウー記者。代理人の弁護士によると、2人の健康に問題はなく、…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです