ミャンマー

ロイター記者控訴 国家機密法違反で禁錮7年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ヤンゴン西脇真一】ミャンマーの少数派イスラム教徒ロヒンギャに関する極秘資料を不法入手したとして、国家機密法違反罪で禁錮7年の判決を受けたロイター通信のミャンマー人記者2人が5日、判決を不服としてヤンゴンの高裁に控訴した。

 2人はワロン記者とチョーソウウー記者。代理人の弁護士によると、2人の健康に問題はなく、…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

あわせて読みたい

注目の特集