メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震2カ月

傾いた家、雪が怖い 液状化の札幌

自宅(右)を見つめる堤浩章さん。前の道路は工事のため舗装がはがされた=札幌市清田区里塚で2018年11月4日、土谷純一撮影

 最大震度7を記録した北海道胆振(いぶり)東部地震から6日で2カ月となる。液状化と大規模な土砂流出で住宅約300棟が被害を受けた札幌市清田区里塚地区では、住民の転居が相次ぐ。堤浩章さん(29)の自宅は地震直後、目立った損壊はなかったが、建物の傾きが次第に拡大。積雪期を前に不安が募り、離れることを決めた。市は宅地の再整備を進める方針だが、堤さんは「もうここに戻ることはないだろう」と話す。【土谷純一】

 2階建ての自宅は35年前、両親が建て売りで購入した。堤さんはここで生まれ育ち、両親と3人で暮らす。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです