メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

鎮魂のトランペットに幕 メンバー高齢化

夜明け前の神戸の街並みを背に、追悼のトランペットを吹く松平晃さん=神戸市中央区で2018年1月17日午前6時22分、猪飼健史撮影

 毎年1月17日の朝、神戸市中央区の諏訪山公園・ビーナスブリッジで開かれてきた阪神大震災の「早朝追悼のつどい」が、来年で幕を閉じることになった。夜明け前に神戸の街を背景にトランペット奏者の松平晃さん(76)=川崎市=が追悼の調べを奏でることで知られる。実行委員会のメンバーが高齢化し、準備が難しくなったためで、5日の集まりで正式に決めた。メンバーは「残念だが、犠牲者への鎮魂の思いは届け続けたい」と言う。

 「つどい」では、追悼の鐘を鳴らし、僧侶らが読経。参加者が黙とうする中、松平さんがトランペットで童謡…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです