特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球日本選手権

強攻策で勝利こじ開け JR東北

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JR東日本東北-JX-ENEOS】八回表JR東日本東北無死一塁、森が適時三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月5日、幾島健太郎撮影
【JR東日本東北-JX-ENEOS】八回表JR東日本東北無死一塁、森が適時三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2018年11月5日、幾島健太郎撮影

 〇JR東日本東北7-1JX-ENEOS●(5日・京セラドーム大阪、1回戦)

 JR東日本東北が強攻策で勝利の扉をこじ開けた。1点を追う八回無死一塁。バスターエンドランが見事にはまり、逆転劇の足場を作った。

 先頭が中前打を放ち、9番・森が右打席に入った。点差と打順を考えれば送りバントが定石の場面。だが、西村監督の思惑は違った。相手の先発右腕・大場に七回まで散発2安打に抑えられ、「普通に(犠打で)送っても点が入るかどうかわからない。一か八か仕掛けてみ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

次に読みたい

あわせて読みたい