社会人野球日本選手権

「重圧感じた」カナフレックス北川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 〇三菱重工名古屋5-3カナフレックス●(5日・京セラドーム大阪、1回戦)

 カナフレックスの5番・北川にとって、悔しさの募る試合となった。一回2死一、二塁では真ん中の変化球を引っ張って先制の右前適時打としたが、その後は3打席連続空振り三振。「中軸は打ってなんぼ。好機を生かせず申し訳ない」とうなだれた…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい