社会人野球日本選手権

歓喜の逆転弾 三菱名古屋・山田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 〇三菱重工名古屋5-3カナフレックス●(5日・京セラドーム大阪、1回戦)

三菱重工名古屋・山田晃典(やまだ・あきのり)外野手(31)

 二塁ベースを回り、味方が歓喜で沸く三塁ベンチを見渡すと、左手を突き出して喜んだ。二回、バックスクリーンに放った逆転の3ラン。「あんなに飛んだのは打撃練習でもない。まぐれにも程がある」と驚いた。

 2死一、二塁の場面。カナフレックスの先発・宮城の変化球を待っていた。「多投する変化球を打てば配球も変わってくる」とフルスイング。3点を先取されて意気消沈する雰囲気を一掃した。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文446文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい