侍ジャパン

「全て勝ちにいく」日米野球9日開幕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える野球日本代表の稲葉篤紀監督=東京都内のホテルで、手塚耕一郎撮影
インタビューに答える野球日本代表の稲葉篤紀監督=東京都内のホテルで、手塚耕一郎撮影

 2020年東京五輪の野球で金メダル獲得を目指す日本代表「侍ジャパン」と米大リーグ(MLB)オールスターチームが対戦する日米野球(全6試合)が9日、東京ドームで開幕する。7日には壮行試合の侍ジャパン-台湾戦も福岡・ヤフオクドームで開催される。

 日米野球は第3戦(11日)まで東京ドームで実施。第4戦(13日)は広島・マツダスタジアムで、第5、6戦(14、15日)は名古屋・ナゴヤドームで行われる。

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督がインタビューに応じ、「日の丸を背負う戦いは全て勝ちにいく」と意気込みを語った。【岸本悠】

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1385文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集