メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本シリーズ

データ戦でも勝利 ソフトバンク

日本シリーズの第4戦に勝利し、喜ぶ工藤監督(中央)とソフトバンクの選手たち=ヤフオクドームで2018年10月31日、森園道子撮影

 2年連続の日本一に輝いたソフトバンク。日本シリーズ中は工藤監督の大胆な采配や豊富な戦力にスポットライトが当たったが、それらを支えたのは12球団屈指の膨大なデータだった。

 シリーズ開幕前、選手を集めた円陣で工藤監督は「相手を知ることが大事だ」と説いた。「(広島とて)交流戦と全く一緒というわけにはいかない。日本一が懸かる緊張した中でのデータも大事。相手を知ると冷静に判断できる」と指揮官は言う。捕手の甲斐も「短期決戦は一つのミスで終わる。それだけの準備だけはしてきた」と自信を見せていた。

 一例に、相手の主軸である丸を打率1割6分に封じ、仕事をさせなかった点が挙げられる。クライマックスシ…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです