メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

桂春蝶と本音トークも 桂花団治が8日に東京公演

国立演芸場で開く「かみがたらくご『花団治の宴』」のポスター

 関西弁の上方漫才はすっかり全国区だが、なぜか上方落語は東京ではちょっと縁遠い。でも、上方ならではの人情と爆笑は、一度聞けばハマるに違いない。

 その上方落語の桂花団治さんが、毎年恒例の東京公演「かみがたらくご『花団治の宴-en-第三回』」を8日午後7時、東京・半蔵門の国立演芸場で開く。

 花団治さんの師匠は、タレントとしても活躍し、51歳の若さで亡くなった先代(二代目)桂春蝶さん(1941~93)。2015年に三代目花団治を襲名し、先代(二代目)の死去以来70年ぶりの復活となった。

 その年、東京の国立演芸場でも披露公演を開き、ゲスト出演を笑福亭鶴瓶さんに依頼したところ、こころよく引き受けてくれた。ただし、「これからも東京で公演せえよ」と一言。その言葉を守って開く、毎年1回の東京公演も今回で3回目だ。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文648文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです