メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『おんなふたり 奥の細道迷い道』『ふたつの夏』

◆『吉行和子・冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道迷い道』吉行和子・冨士眞奈美/著(集英社インターナショナル/税別1400円)

◆『ふたつの夏』谷川俊太郎・佐野洋子/著(小学館/税別1500円)

 毎月楽しみにしている句会を、このところ立て続けに欠席している。というのも、夏の終わりからつい先だってまで、舞台の仕事をしていたからである。句会はたいてい、仕事をしている人でも出席しやすい日時に設定されるわけだが、舞台の場合はちょうどその時間帯が本番。終わって駆け込めば句会に間に合うとしても、舞台の間は心身共にいっぱいいっぱいになりがち。句会を愉(たの)しむ余裕を絞り出すのはなかなか難しい。でも一方で、俳句のアタマはそんないっぱいいっぱいの心身をほぐしてくれる作用もあるのだった。

 俳句ロスな日常の中、緩やかに俳句の世界に浸れたのが『吉行和子・冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道迷い道』。対談形式で、おふたりの俳句とのかかわりや思い出、俳聖芭蕉についてなど、朋友同士、忌憚(きたん)のない楽しい会話が続く。吉行和子さんと冨士眞奈美さんといえば、はずせないのが岸田今日子さん。そもそもこの3人が仲を深めたのも、句会だったという。それを知って妙に納得。本の中で冨士さんは、俳句をやって…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  2. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 近く、遠く タピオカミルクティーが無性に恋しかった 韓国隔離リポート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです