メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『旅する画家 藤田嗣治』『カササギ殺人事件』ほか

今週の新刊

◆『旅する画家 藤田嗣治』林洋子・著(新潮社とんぼの本/税別2100円)

 東京都美術館で開催された「没後50年 藤田嗣治展」には、30万人の入場者が。私も行ったが、長蛇の列に驚き、見ずに退散。大変な人気だ。12月16日まで京都国立近代美術館で開催している。

 この没後展の監修者で藤田研究の第一人者が林洋子。『旅する画家 藤田嗣治』も監修している。パリというイメージが強いフジタだが、じつはニューヨーク、中南米、アジア、日本では東北から沖縄まで旅する画家であった。10の場所と時代で画業を読み直す。

 明治の牛込・大曲(おおまがり)で生まれたが、転居を繰り返し、主に山の手を転々とした。父の仕事で朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1798文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです