メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ヨーロッパの「迷宮」(ラビリンス)を彩る多国籍な劇場〜ルクセンブルク大劇場

幾何学模様が浮かび上がる夜のルクセンブルク大劇場

 不思議な街である。

 第一の公用語は別にあるはずなのに、店に入るとフランス語であいさつされる。ドイツとも国境を接しているからドイツ語も通じるが、向こうから使われることはまずない。なぜか、世界言語である英語はそれほど通じない。

 街角で聞こえてくる言葉はもっと多彩だ。フランス語、ドイツ語、英語そしてイタリア語。隣国のベルギーや、オランダの言葉もあるようだ。そして、第一の公用語のルクセンブルク語。筆者に聞き取れるわけもないけれど、なんとなく見当はついた。

 言葉や人種が混沌(こんとん)としているにもかかわらず、街はいたって清潔。緑も多く、歩いていて心地よ…

この記事は有料記事です。

残り2793文字(全文3069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです