連載

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

バッハとイタリア・オペラをテーマに、執筆、講演、音楽ツアーの企画など多彩に活動する加藤浩子さんのコラム。クラシックナビ連載。

連載一覧

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ヨーロッパの「迷宮」(ラビリンス)を彩る多国籍な劇場〜ルクセンブルク大劇場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
幾何学模様が浮かび上がる夜のルクセンブルク大劇場
幾何学模様が浮かび上がる夜のルクセンブルク大劇場

 不思議な街である。

 第一の公用語は別にあるはずなのに、店に入るとフランス語であいさつされる。ドイツとも国境を接しているからドイツ語も通じるが、向こうから使われることはまずない。なぜか、世界言語である英語はそれほど通じない。

 街角で聞こえてくる言葉はもっと多彩だ。フランス語、ドイツ語、英語そしてイタリア語。隣国のベルギーや、オランダの言葉もあるようだ。そして、第一の公用語のルクセンブルク語。筆者に聞き取れるわけもないけれど、なんとなく見当はついた。

 言葉や人種が混沌(こんとん)としているにもかかわらず、街はいたって清潔。緑も多く、歩いていて心地よい。中心部をぶらついていてふと気がつくと、目の前にある可愛らしい建物が「大公宮殿」だったり「議事堂」だったりするのだから驚いてしまう。

この記事は有料記事です。

残り2726文字(全文3069文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集