メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ヨーロッパの「迷宮」(ラビリンス)を彩る多国籍な劇場〜ルクセンブルク大劇場

幾何学模様が浮かび上がる夜のルクセンブルク大劇場

 不思議な街である。

 第一の公用語は別にあるはずなのに、店に入るとフランス語であいさつされる。ドイツとも国境を接しているからドイツ語も通じるが、向こうから使われることはまずない。なぜか、世界言語である英語はそれほど通じない。

 街角で聞こえてくる言葉はもっと多彩だ。フランス語、ドイツ語、英語そしてイタリア語。隣国のベルギーや、オランダの言葉もあるようだ。そして、第一の公用語のルクセンブルク語。筆者に聞き取れるわけもないけれど、なんとなく見当はついた。

 言葉や人種が混沌(こんとん)としているにもかかわらず、街はいたって清潔。緑も多く、歩いていて心地よ…

この記事は有料記事です。

残り2793文字(全文3069文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです